令和元年9月14日(土)「お月見オカリナの会」会場が魅了されました。

9月14日(土曜日)19時~21時

当店で「お月見 オカリナの会」が

開催されました。

出演者は

「オカリナ風花ふ~が♪」さん

 (風さん、花さんのコンビ)

 ギターの金沢さん、エレクトーンの

 若松さん。

 宗次郎さんが作られたオカリナを

 はじめ、いろんな種類のオカリナや

他の楽器を使って、オカリナの曲が奏でられました。

ギター、エレクトーンの独奏も体に染み入るような音色でしたが、コラボした

演奏も感動を覚えました。

お客様も「来た、観た、聴いた、感動した」といった感想だったと思います。

演奏会が終わると中秋の名月から一日経った月が雲から顔をのぞかせました。

今年、一番小さな満月と聞きました。

題名の通り、月も音楽もそしてちいさな灯りに照れされた庭の山野草などを

楽しんだ夜になりました。

(写真は左から若松さん、風の松本さん、ギターの金沢さん)

 

令和元年8月17日(土) 大勢の人が涼を求めて 鍋ケ滝

熊本県阿蘇郡小国町にある鍋ケ滝を

観に行ってきました。

この滝は火山灰が凝結した固い岩石で

できており、長い年月をかけて柔らかい地層が水に削られ、滝の裏に空間ができました。ですから滝の裏側を歩けます。「裏見の滝」とも言われています。

高さ:約10m  幅:約20m

                      滝の裏側

                        幅 約45m 奥行 約13m

土・日曜日は訪れる人が増えるので

地元の小学校を駐車場としてそこからバスで送迎しています。

子供たちの中には水の中にも入る子も何人かいて、それぞれ涼を味わっていました。行かれていない方、一度はご覧になられることをお勧めします。

令和元年7月13日(土) 雨の日は雨を聴く

 まだ梅雨が明けません。シトシト降ります。

 こんな日は山頭火の言葉を思い出します。

 

   山あれば山を観る

   雨の日は雨を聴く

   春、夏、秋、冬

   あしたもよろし

   ゆふべもよろし

 

  雨が静かに降っているなか、庭の山野草を窓越しに観るのも

  乙なものですが・・

  今は、集中豪雨、ゲリラ豪雨など、激しい天候が多くなり

  ゆっくり季節の移ろいを感じられることが少なくなってきました。

 

 

令和元年5月1日(水) 北広島から山陰へ

令和元年の最初の日。お友達夫婦と

北広島から山陰を回ってきました。

廿日市から北広島にかけてはおいしい

店が何軒かあります。

頭文字Dというお店もお気に入りの店。

一緒に行った方も大満足でした。

道の駅も何件か回り、昨年に廃線となった三江線沿いも走りました。

この写真はかって「天空の駅」と

言われた地上20mにある宇都井駅。2017年の暮れに訪れたときは、イルミネーションで浮かびあがっていました。今、駅は封鎖され、ホームまでは行けません、水を張った田んぼに静かに姿を映していました。

平成31年4月28日(日) 奥出雲の旅

「昭和」から「令和」にかけての

10連休。行楽地はどこも混雑。

山陰でも出雲や松江は大勢の観光客が来られるので

奥出雲にドライブ。

木次線沿線は桜が満開。水を張った田んぼに写る列車の姿。緑の中を走る姿。スイッチバックのようすなど。楽しめますよ。

この写真、おろしループ付近で汽笛を鳴らしながらゆっくり走る姿。「観てねー」と言ってるようでした。

千通山(1142m)にも上り、頂上のカタクリの花園も観て、頂上から見える雪を被った大山や反対側に冠雪はないものの三瓶山なども臨んできました。

平成31年1月1日(火) 寒風の中に出現したくぐり岩

平成最後の正月。

初詣の後、山陽小野田市の海岸まで

行ってみました。

本山岬のくぐり岩。寒風が吹き寄せ

波が激しく岩にぶつかっていました。

よく見ると亀のようにも見えます。

ここは夕日の撮影ポイントにもなって

いつようです。

ただこの場所に来るには引き潮のときででなくては回り込めません。

                     ゆっくりしていたら帰りは潮が満ち   

                     てきて危うく濡れるところでした。

平成30年9月26日(水)

7月21日(土)徳山夏祭りが開催されました。その際、フォトコンテストも

併せて開催され、応募しました。

練り歩く神輿の勢い、一体感、エネルギーのようなものを何とかとらえたいと念じて撮った写真がこれです。

びっくりしたことに最優秀賞を頂きました。

平成30年8月11日(土)

「ハローキティ新幹線」を

撮ってみました。

以前は下松市の生野屋や

周南市の2号線沿いから撮影

しましたが線路の横のコンクリート塀が視界を妨げたので

本日は防府市で撮りました。

バックに右田ケ岳があり

割合良いポジションだと

思います。

以前撮った時は先頭車両が

丸っこい感じでしたが

きょうは500系で格好良く感じました。「エヴァ新幹線」として披露した列車

だろうと思います。

平成30年7月13日(金)

妻のお友達?の「ハト子ちゃん」です。

以前、つがいで飛来してきて、仲むつまじいところを見せていたのですが、過日

相方が野良猫に襲われたのか、今は1羽で来ています。

私が庭に出ると飛んでいってしまうのですが、妻が呼びかけると、段々寄って

きます。

毎朝のように交流をしています。

平成30年6月21日(木)

週末、山口線でSLが走っていますので撮影しました。仁保駅の手前で撮りました。

多くのカメラマンや家族連れの見学者がおられる

なか、ポジション取りがまず必要ですね。

やはり迫力がありますね。

 正月にC56の追っかけを長門峡~津和野まで

行いました。写真を撮っておいて良かったです。

C56はもう走らないとの話を聞きました。

今夏はデゴイチを追っかけます。

平成30年6月24日(日)

17日に紹介したギンバイソウ(銀梅草)が開花しました。

コブシのようなものが立ち上がり、手を広げていくようになり立体的に咲きました。

梅の花の形に似ているところもあります。

平成30年5月3日(木)

今年は桜があっという間に咲いて

あっという間に散ったという感じで

すね。

下松市で「笠戸の桜フォットコンテスト」があり、それに応ずべく、3月下旬から4月上旬まで島内をいろいろ観て回りました。

そのなかで3月30日(金)に笠戸ハイツから笠戸湾を撮った写真がこれです。

桜が満開で湾内を包み込むような見えました。

トンビの声がのどかに聞こえてきました。「春が包む笠戸の海」とタイトル付けて

提出しました。

ゴールデンウイークに入る直前、「優秀賞に選ばれました「」との連絡を受け、

本日、大城の祭りのなかで表彰されました。

写真を撮られる方からみると、未熟な写真だと言われそうですが、思いでの写真として紹介させて頂きました。

平成30年4月25日(水)

店の前に切戸川が流れています。

側に由加社があります。

そこに野生の藤が生えています。

白フジです。今、盛りです。

樹齢は分かりませんが、古いと思います。

大きなケヤキの木にからんで高い所では

20m,横20mに渡って広がって

咲いています。密度があまりないのがやや

残念ですが、この近辺で白藤でこれだけ

広がって咲いている所はないように思います。

私が幼い頃はもっとボリューム感がありました。名もなきフジに花ですが、毎年、楽しませてくれます。

平成30年3月2日(金)

ウグイスの初鳴きを楽しみました。

きょうは春の日差しを感じました。庭にも来てくれて春を告げました。

確かに「ホーホケキョを流暢に鳴くというわけではありませんでしたが

初めてにしてはまあまあの出来。声が初春の空気を突き抜ける感じです。

でも姿を写真に撮ることができません。

メジロはウグイスよりもっと姿を見せてくれますが、カメラを構えて撮ろうと

思うとポーズをとってくれません。こちらは「チュルチュル」と可愛く鳴いて

います。

平成30年2月14日(水)

待ちに待った節分草がきょう開花しました。

素敵なバレンタインデーになりました。

1月末から蕾のまま開きそうで開かないという感じでしたが

きょうの日差しで顔を出してくれました。

昨年は1月下旬には咲き出していましたが

今年は大寒波の影響で開花が遅れていました。

雛祭草も咲き出そうとしています。

福寿草も開花しかけています。